不妊症の原因って何があるの?

不妊症の原因って何があるの?

不妊症の原因って何があるのでしょうか?

・排卵障害
・着床障害
・卵管障害

不妊症の原因って大きく分けるとこの3つになります。

排卵障害は、まれにしか排卵しなかったり、全然排卵しなかったりすることです。

排卵しないと、妊娠はできません。

排卵障害って深刻な原因なんです。

排卵障害の原因は、女性特有の病気であったり、生活習慣などです。

着床障害とは、卵子と精子が上手く受精できても、着床が上手くできず、なかなか妊娠に至らないことです。

着床障害は、事前に診断することができません。

そのため、受精できても妊娠できない場合、着床障害と診断され、治療を行います。

卵管障害は、卵管に何らかの問題があることです。

卵子が排卵され、精子と出会い、受精します。

その受精卵は卵管を通って子宮へたどり着きますが、卵管が塞がっていたり、詰まっていたりすると、子宮に行くことができません。

卵管は細いところで1ミリくらいの幅しかないんです。

そのため卵管障害は、不妊症の原因の中でもすごく多いのです。

卵管障害の原因は、性病、子宮内膜症、卵管水腫などがあります。


TOP PAGE